関節リウマチの初期症状・経過・進行について

もくじ

関節リウマチの初期症状


関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

関節リウマチ初期症状って、どんな症状なのかしら?



関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

関節リウマチの初期症状ですが、次の症状などがあります。

体の症状
  • 疲れやすくなった
  • 身体がだるい
  • 息切れ
  • 空咳
  • 寝ても疲れが取れない
  • 朝起きるのが辛い
  • 身体が重い
  • リンパ腺の腫れ
  • 気分が悪い
  • めまい
  • 頭痛
  • 微熱が続く


食道の症状
  • 食欲がない
  • 吐き気


口の症状
  • 口の乾き
  • 口内炎


目の初期症状
  • 目の乾き
  • 充血
  • 目がゴロゴロする


などの症状から始まり


進行すると
  • 発熱
  • 貧血
  • 体重減少


と風邪と似たような症状があります。


この段階で関節リウマチだと気づくのまれだと言われています。



関節リウマチ初期症状 朝のこわばり


関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

朝起きると、指にこわばり(ばね指)があるのは何なのかしら?



関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

「こわばり(ばね指)」は関節リウマチの初期症状です。


特徴として、指の関節分が腫れてしまい、思うように曲げられなくなり、動かしづらい症状があります


指のこわばり(ばね指)以外にも、手足の関節で起きることが多く、こわばりは朝起きてから約1時間ほど続くことが多いです


こわばりの原因は関節に炎症が起きていることが原因です。


指や手首に症状が出やすく、関節リウマチに気づく症状でもあります。



関節リウマチの症状が出やすい場所


関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

関節リウマチの症状が出やすい場所とかあるのかしら?



関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

関節リウマチは関節のある場所が全ての対象となりますが、比較的早い段階で症状が出やすい場所は以下の通りです。


関節リウマチの症状が出やすい場所  

91%

手首

78%

65%

膝(ひざ)

64%

足首

50%

足の指

43%

肘(ひじ)

38%

股関節(こかんせつ)

17%

8%

※症状が出やすい場所であって、関節リウマチが進行していくと、全ての関節に症状が出てきます。



関節リウマチ 関節の痛みと腫れ


関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

こわばりが続くとどうなるのかしら?



関節リウマチの初期症状から段階別の症状・経過・進行について。

 

初期症状である朝のこわばりが続くと、炎症が続いていることになりますので、次の段階の「痛み」が出るようになります。


関節リウマチの痛みと腫れによる炎症の症状をまとめました。


自発痛

何かしたわけでもなく、日常的に痛む症状です。


圧痛

関節を触ったり、圧をかけると痛む症状です。


運動痛

運動している時だけでなく、歩いたり、床やイスから立ち上がるなど、関節を動かす時に痛む症状です。


手の痛みが広がる順番

手首からの痛みが始まり、指先へと痛みが進行していきます。


足の痛みが広がる順番

足首からの痛みが始まり、指先へと痛みが進行していきます。


体全身へ

手や足の痛みから、首、肩、肘(ひじ)、腰、股関節(こかんせつ)、膝(ひざ)、関節のある全ての場所が左右対称に痛み出します。


関節リウマチは関節が炎症して破壊されていくことで痛みが生じています。


関節が変形する前に関節リウマチだと気付いて治療ができればいいのですが、症状が進行していくと関節部位の軟骨や骨が破壊され、じん帯や筋肉を含めて激しい痛みで日常生活が困難になります。